スバルのボクサーエンジンの特長でもある、あのドドド音は、 「 ボクサーサウンド 」 と
 呼ばれていて、「 あの音に惚れてインプレッサを買った 」 と言う人は非常に多い。
 
 しかし、実のところあのボクサーサウンドは、エキマニの形状が悪いために起こる
 排気干渉による音である事は、もう既に周知の事実だろう。
 
 あの心踊り、その気にさせる 「 ドドド音 」 は、排気効率低下の 「 悪い証し 」 であり、
 何とも皮肉な話である。
 
 しかし、この考え方も、最近になって少し変わって来ている。

今日はWordの文章をキャプチャして画像として貼り付けただけのExcelファイルに出会えた。毎日素敵な出会いがある。

Twitter / Micchy_ (via valvallow)

しにたくなるな

(via y-u)

A「煙草を吸っても?」
B「どうぞ。ところで1日何本くらいお吸いに?」
A「8本です」
B「喫煙年数は?」
A「10年です」
B「あそこにベンツがありますね」
A「あぁ、あのクッソダセェAクラスの」
B「…」
A「いやー、見れば見るほどダセェなー!(スパー!)」